読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HONMEMO

読書備忘録です。

「坊っちゃん」はなぜ市電の技術者になったか/小池滋

表題作のほか、 電車は東京市の交通をどのように一変させたか 田山花袋「少女病」 荷風は市電がお嫌いか 永井荷風「日和下駄」 どうして玉ノ井駅が二つもあったのか 永井荷風「墨東綺譚」 田園を憂鬱にした汽車の音は何か 佐藤春夫「田園の憂鬱」 蜜柑はなぜ…

東京瓢然/町田康

町田康によるぶらり旅エッセイ。 「汚れちまった六根に今日も栄螺の降りかかる。」とか、 なぜか一本足りなかった串カツへの拘泥とか、 ぐふふ、わはは。 東京飄然 (中公文庫)作者: 町田康出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2009/11/24メディア: 文庫購…

腹の虫/中川一政

昭和50年に日経に連載された私の履歴書に加筆したもの。履歴書にしては一風変わっていて、生い立ちなども書かれてはいるものの、ほとんどが芸術論です。短歌に飽き足らずに画の世界にはいったというのも肯なるかなというあじのある、また、まさにその絵画そ…

小さな手袋/小沼丹

これも手にしたきっかけを忘れていますが、堀江敏幸が言及していたのだったか…。師の井伏鱒二、庄野潤三、木山捷平との交遊や庭の植物のことなどなど、さりげないユーモアが楽しい。表題作は、掌編小説のようでもあります。 小さな手袋 (講談社文芸文庫―現代…

海山のあいだ/池内紀

ドイツ文学者による登山などの紀行文や生い立ちの記風のもの、掌編小説のようなものなどを収録した初出1994年の講談社エッセイ賞受賞作です。 海山のあいだ (角川文庫ソフィア)作者: 池内紀出版社/メーカー: 角川書店発売日: 1997/06メディア: 文庫この商品…

生物学的文明論/本川達雄

「ゾウの時間 ネズミの時間」の著者がNHKラジオで講演した講演原稿を本にしたものだそう。 閉経以降の生は生物学的にみると存在する根拠のない、技術の作りだした人工生命体というべきものだ。だから、老後においては、次世代のために働くことを広い意味での…

わたしの旅に何をする。/宮田珠己

椎名誠系(といってもずいぶん違うけれど)の旅エッセイ。独特のユーモアを素直に楽しめるかどうかで評価が割れそうです。 わたしの旅に何をする。 (幻冬舎文庫)作者: 宮田珠己出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2007/06メディア: 文庫購入: 12人 クリック: 31…

昭和天皇のお食事/渡辺誠

宮内庁大膳で天皇陛下の食事や修行の日々の記録です。陛下の日常の食事は庶民のものとそんなに変わりませんが、作り方は相当に変わっています。サンドイッチの作り方などびっくり。 昭和天皇のお食事 (文春文庫)作者: 渡辺誠出版社/メーカー: 文藝春秋発売日…

ちょっとピンぼけ/ロバート・キャパ

著名なカメラマンによるルポ、というよりはエッセイです。多くの面前の死、生死の瀬戸際にある緊張感の中にあって、著者のユーモアあふれる言動が、生きているということを際立たせているようにも思います。 ちょっとピンぼけ (文春文庫)作者: ロバート・キ…

猫にかまけて/町田康

町田康と猫は親和性が高いイメージがあります(パンクと犬は似合わない)。「この猫エッセイがすごい」というのがあれば、ノラや(読んでいないのですが)などとともに、上位にランクされることでしょう。 猫にかまけて (講談社文庫)作者: 町田康出版社/メー…

「ニッポン社会」入門/コリン・ジョイス

イギリス人記者がユーモラスに日本社会を語っています。日本人は、というか、私はというべきかもしれませんが、外国から日本がどう見られているかということが気になるのですね。楽しい本です。 「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)…

活字たんけん隊/椎名誠

活字4部作の1作とか。いかにもシーナさんオススメのものらしいノンフィクション系の本がずらりと並んでいます。 旅行、探検(?)をしながら、このような本をどっさり読む生活というのは、私からすると別世界でやはりちょっと羨ましいです。 活字たんけん隊―…

読書の腕前/岡崎武志

本書でいうところの本よりも面白い「本の本」の典型ですね。著者の本・読書との付き合い方が様々な側面から語られますが、あるいは共感し、あるいは賞賛し(あきれ)ながら、楽しく読みました。巻末に言及書籍タイトルや作家名の索引があると嬉しいのですけ…

建築探偵の冒険/藤森照信

看板建築、東洋キネマ、東京駅、皇居、横浜ニューグランドホテルなど(マッカーサーゆかりの建物)、聖路加国際病院、建築家デ・ラランデ、パトロンとしての渋沢栄一などをめぐるエッセイ。路上観察学会のノリで楽しい読み物です。上梓されてから15年、街が…

シズコさん/佐野洋子

母と娘の関係というのは、子供が独立してからも比較的密接な関係を継続するちょっと特別な親子関係ではないかという気がします。母シズコさんをずっと嫌いだったという佐野洋子が、そんな母に対する感情、母娘の関係を赤裸々に綴っています。母を許せるよう…

打ちのめされるようなすごい本/米原万里

米原万里の書評集です。 亡くなる直前、「癌治療本を我が身を以て検証」として数多の代替療法に関する本を読んで試しているのが(米原万里のような知性でも、そんな怪しげなものまで試そうとするようになるのかと)身につまされます。 面白そうだと思った本を…

せきれい/庄野潤三

エッセイというよりは日記文学という感じです。以下、カバー裏から。 四季を彩る庭の花、賑やかな鳥たちの訪れ、食卓をにぎわす旬のもの、懐かしい歌とピアノの音色、善き人々の去来…。変わらぬものと変わるもの。静かだけれど本当に豊かな暮らしがここにあ…

若者のための仕事論/丹羽宇一郎

この手のビジネス本はほとんど読まないのですが、ひょんなことから、若者でもないのに読んでみました。やや古いフレーズですが「想定の範囲内」というか、まあ私くらいの年のものからみれば極めて陳腐な印象です*1。 負けてたまるか! 若者のための仕事論 (朝…

春宵十話/岡潔

手元にないので確認できませんが、藤原正彦「国家の品格」に影響を与えた書でしょう。はしがきの冒頭が、「人の中心は情緒である。」ですから。わたしは科学者の書くエッセイが好きですが、本書は思い込みが強すぎる感じに辟易してしまいました。以下若干引…

武士の娘/杉本鉞子

明治初頭生まれの長岡藩の家老の娘のメモワールです。武士の娘として厳しく育てられますが、貿易商と結婚して渡米、二人の女の子を授かります。このころの異文化ショックと言うのは現代では考えられないほどであることは容易に理解できるのですが、現代人の…

回送電車/堀江敏幸

様々な媒体に発表された小文を集めた散文集です。回送電車は、堀江敏幸の文学の理想であると。 特急でも準急でも各駅でもない幻の電車。そんな回送電車の位置取りは、じつは私が漠然と夢見ている文学の理想としての《居候》的な身分にほど近い。評論や小説や…

衆愚の時代/楡周平

近所の本屋さんにて立ち読みで読み切りました。失礼。 今のメディアなり政治家の振る舞いをみれば、何のためらいもなく「衆愚の時代」とレッテルを貼ることができるでしょう。愚痴ってどうなるものでもないですけれど、どうすればよいのかもよくわからないで…

全ての装備を知恵に置き換えること/石川直樹

冒険家のフォト・エッセイです。星野道夫的なものを勝手に期待していましたが…。写真は素敵ですけれども。 全ての装備を知恵に置き換えること (集英社文庫)作者: 石川直樹出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/11/20メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 27回…

アホの壁/筒井康隆

筒井版精神分析入門という感じの本です。筒井康隆らしいアホなタイトルのアホな本です。 朝日新聞のサイトで連載されている筒井康隆の「漂流 本から本へ」は、お気に入りのコラムですが、そこで、フロイトの精神分析入門にのめり込んだことが書かれていまし…

科学の扉をノックする/小川洋子

小川洋子による科学者ほのぼのインタビューです。インタビューしたのは、以下の方々。 渡部潤一国立天文台准教授 堀秀道鉱物科学研究所長 村上和雄筑波大学名誉教授 古宮聰高輝度科学研究センター特別研究員 竹内郁夫京都大学名誉教授 遠藤秀紀東京大学総合…

もののはずみ/堀江敏幸

パリの古道具屋などで出会った小物にまつわるエッセイです。2ページほどの短い文章が小さな写真とともに50ほど。 「もののはずみ」というタイトルは、ちょっとしたしゃれなのでしょうけれど、著者は、『ひとつの「もの」にあれやこれやと情をかけ、過度にな…

旅人/湯川秀樹

湯川秀樹博士って、どんな人だったのでしょう? 著者は、三高時代、多くの学生たちがバンカラ学生生活を謳歌する中で、エネルギーのほとんどを読書と思索に注ぎこんだことを、バランスの取れていない不調和な少年だったし、それを人間として立派なこととは思…

寡黙なる巨人/多田富雄

この方の名前をどこかで聞いたことがあるなと思ったのは、超一流の免疫学者としてではなく、白洲正子との交遊の関係で、どこかで聞いた(読んだ)のでしょう。能にも造詣が深く、新作能を作ったりされているそうです。そういう知の巨人が脳梗塞に倒れ、重度…

素人庖丁記/嵐山光三郎

嵐山光三郎は、悪党芭蕉とか、文人悪食とかを面白く読みましたが、真髄は、本書のような自らの五感でというか身体で書いたとでもいうべきものにあるように思います。魯山人との仮想茶漬合戦やおむすびの具は何がいいかといった現実的な話から、タケノコや豆…

がんと闘った科学者の記録/戸塚洋二(立花隆編)

ノーベル賞受賞者小柴昌俊さんの弟子で、ノーベル賞に一番近い日本人と目されていた方だそうです。 骨の髄まで科学者だった人だということがよくわかります。 最後の最後まで、なにか社会に貢献できないかと追及する姿勢に感じ入るばかりです。2009年4月予定…

人間はどこまで動物か/日高敏隆

「春の数え方」の続編。 「人間はどこまで動物か」という問いには、一本のスケール上での到達度を問題にしようとする近代の呪縛があるという。先進国・後進国、偏差値という概念も同じではないかと。(表題作) 本当の自然の草を「雑草」として刈り取り、ガーデ…

コルシア書店の仲間たち/須賀敦子

仲間たちに注がれる穏やかな、愛情あふれるまなざし。 全集を買おうかな。 コルシア書店の仲間たち (文春文庫)作者: 須賀敦子出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1995/11メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 44回この商品を含むブログ (53件) を見る 105円@BO

木/幸田文

木をあたかも人のようにみて、思いを馳せる。凛とした文章が心地よい。今このような文章の書き手は何処に?佐伯一麦の解説がこれもまたよくて。 木 (新潮文庫)作者: 幸田文出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1995/11/30メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 26回…

裁判長!ここは懲役4年でどうすか/北尾トロ

日本の裁判って、書面審理主義とか言って、丁々発止の弁論は滅多にないのかと思っていたのだが、結構やってるんだな。 裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫)作者: 北尾トロ出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2006/07メディア: 文庫購入: 1人 クリック:…

かがやく日本語の悪態/川崎洋

悪態というのとは違うのもたくさんあって、まあなんだかよくわからん*1。 悪態の面白さは落語が一番だな。 解説は茨木のり子 かがやく日本語の悪態 (新潮文庫)作者: 川崎洋出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2003/05メディア: 文庫 クリック: 4回この商品を含…

土を喰う日々/水上勉

焼きくわい、山芋の丸焼きって、ただ焼いているだけなんだが、うまそうだ。「食」にはいろいろな思いがこめられている。「精進」してみようかな。 土を喰う日々―わが精進十二ヵ月 (新潮文庫)作者: 水上勉出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1982/08/27メディア:…

魯山人味道/北大路魯山人

後半の料理論というか、訓話というかがおもしろくないのは、その説教臭さというのもあるだろうが、やはりこういうのは、抽象的な話ではなくて、具体的にこんな料理、こんな食材が美味いという話が面白いのだな。それにしても農産物の生産技術の向上や、魚の…

おぱらばん/堀江敏幸

三島賞をとったということのようなので、出世作ということでしょうか?この本は、「河岸忘日抄」の系譜の、エッセイだか、小説だか、評論だか、なんだろという不思議な堀江敏幸独特のもの。この人の文章は、ラストがいい。表題作「おぱらばん」の卓球のシー…

陰翳礼讃/谷崎潤一郎

表題作のほか、「懶惰の説」「恋愛及び色情」「客ぎらい」「旅のいろいろ」「厠のいろいろ」。日本(人、文化)を考えるための10冊なんて企画を立てたら確実にノミネートされるべき1冊だろう。 …私が何よりも感心するのは、あの玉虫色に光る青い口紅である。…

漱石先生ぞな、もし/半藤一利

「猫」は中学生の頃に読み始めて、途中で投げ出したので、まともに読んでいないのだ。読んでみようか。 漱石先生ぞな、もし (文春文庫)作者: 半藤一利出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1996/03メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 5回この商品を含むブログ (…

子午線を求めて/堀江敏幸

エッセイというか評論というか。 河岸忘日抄や本書のようなタイプが作者の本領なのかもしれないけれど、私は、「雪沼」、「熊」、「王子駅」みたいな作品が好み。 子午線を求めて (講談社文庫)作者: 堀江敏幸出版社/メーカー: 講談社発売日: 2008/10/15メデ…

他人と深く関わらずに生きるには/池田清彦

車もこないのに赤信号で待っている人はバカである 心を込めないで働く ボランティアはしない方がカッコいい 自力で生きて野垂れ死のう といった扇情的なタイトルの小文がならび、まあかなり極端な物言いが多いが、物の見方としては共感できる部分が多い。後…

ネコはどうしてわがままか/日高敏隆

この人のエッセイは、心休まる。タイトルからは、ネコのことがいろいろ出てくると思わせるが、ネコは表題のエッセイ1編のほかには、ちょこっと登場するだけ。 しかし最近は、コンビニで文庫本を売ってるんだな。儲かるのか? ネコはどうしてわがままか (新潮…

地球の果てまでつれてって/横尾忠則

30年前の本。流行の言葉でいえば「スピリチュアルな」世界の影響の非常に大きな人で、私にはついていけないところも多いが、嫌いではない。解説は中沢新一。 地球の果てまでつれてって (文春文庫)作者: 横尾忠則出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1986/03メ…

東京するめクラブ 地球のはぐれ方/村上春樹・吉本由美・都築響一

村上春樹ら3人の「ちょっと」変なところ旅行記。…名古屋、熱海、ハワイ、江ノ島、サハリン、清里。先頃読んだ椎名誠の「全日本食えば食える図鑑」での名古屋の食の衝撃から、「まずは魔都・名古屋」という帯に魅かれて購入。へたれた感じも楽しみ方次第。 東…

全日本食えば食える図鑑/椎名誠

シーナさんの本は久しぶり。 皆が皆ということでもないが、まあだいたいがゲテモノ食いをめぐる恐ろしくもユーモラスなお話で、イソギンチャク、クラゲ、ゴカイ、蜂の子、鮒寿司なんかが登場するのだが*1、それと同列に扱われているのが、「でらうまの謎。」…

ハイスクール1968/四方田犬彦

著者の世代くらいまでが70年安保、東大紛争といった政治の時代に参加することのできた最後の世代だろう。庄司薫「赤頭巾ちゃん気をつけて」や村上龍「69」などもそうなのだが、何やかや言って私にはちょっと眩しく思える時代であり、世代で、私はこの頃の…

父・こんなこと/幸田文

父幸田露伴を看取るまでをしるす「父―その死」、父と娘の日常を書く「こんなこと」の2編。幸田文は、概ね私の祖父母の世代。その時代らしさを感じ取る面白さもあるけれど、一方で、偉大な父と勝気な娘の交情が一人の娘としての目から書かれていて、時代であ…

わからなくなってきました/宮沢章夫

宮沢章夫のエッセイを読むのも3冊目になって、まあだいたいその企みも分かってきた…のだろうか。わからなくなってきました。 わからなくなってきました (新潮文庫)作者: 宮沢章夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1999/12/27メディア: 文庫購入: 6人 クリッ…

思い通りの家を造る/林望

家つながりで。 都市には都市の原理があるが、東京には田舎の原理が残り、ねじれた形での持ち家志向になっている。日照が欲しい、庭が欲しいという農村的意思が、パリのような都市の合理性を持ちえなくしてしまったと。 イギリスのセミデタッチトの家、「寄…