読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HONMEMO

読書備忘録です。

ノンフィクション

ぼくは猟師になった/千松信也

ぼくは猟師になった (新潮文庫)作者: 千松信也出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2012/11/28メディア: 文庫 クリック: 7回この商品を含むブログ (17件) を見る

沢田マンション物語/古庄弘枝

沢田マンション物語 2人で作った夢の城 (講談社+α文庫)作者: 古庄弘枝出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/09/17メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 4回この商品を含むブログ (5件) を見る

裁判官の爆笑お言葉集/長嶺超輝

裁判官の爆笑お言葉集 (幻冬舎新書)作者: 長嶺超輝出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2007/03メディア: 新書購入: 12人 クリック: 123回この商品を含むブログ (177件) を見る

みんな山が大好きだった/山際淳司

-死んでいく側にとって幸福な死とはなんだろう。-のっぺりした生ばかりが世の中にあふれていると退屈してしまう。それは、死を忘れてしまった時代の不幸の一つだ。みんな山が大好きだった作者: 山際淳司出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2003/05/23メデ…

死の淵を見た男/門田隆将

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日作者: 門田隆将出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2012/11/24メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 149回この商品を含むブログ (46件) を見る

キリンビール高知支店の奇跡/田村潤

私にビジネス本。猫に小判。キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)作者: 田村潤出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/04/21メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る

牛を飼う球団/喜瀬雅則

牛を飼う球団作者: 喜瀬雅則出版社/メーカー: 小学館発売日: 2016/01/20メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る

がちんこ農業生活/そがしんいち

がちんこ農業生活 会社勤めよりは楽しいか? (P-Vine BOOks)作者: そがしんいち出版社/メーカー: スペースシャワーネットワーク発売日: 2008/08/02メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 16回この商品を含むブログ (10件) を見る

里の時間/芥川仁 阿部直美

里の時間 (岩波新書)作者: 芥川仁,阿部直美出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2014/10/22メディア: 新書この商品を含むブログを見る

政治改革の熱狂と崩壊/藤井裕久

立派な政治家だと思う。本書以外に、氏のことは何も知らないに等しいけれど。政治改革の熱狂と崩壊 (角川oneテーマ21)作者: 藤井裕久,菊池正史出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2014/08/18メディア: 新書この商品を含むブログを見る

女ノマド、一人砂漠に生きる/常見藤代

エジプトの遊牧民に取材したノンフィクション。なかなか興味深くはあるのだが、私の関心とずれているからか、もう一つピンとこない。女ノマド、一人砂漠に生きる (集英社新書)作者: 常見藤代出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/12/14メディア: 新書購入: 1…

奇跡のリンゴ/石川拓治

有機、あるいは自然農法でリンゴ栽培に取り組んだ、ちょっと、いやかなり変わったおっさんの記録。 スピリチュアル入っている感じがそもそも苦手だが、なんと言っても、ウェットな文体が好みでない。奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録…

ゼロからトースターを作ってみた/トーマス・トウェイツ

HONZで絶讃されていた書。 トースターをゼロから~鉄鉱石、銅鉱、石油(→プラスチック)などから(!)ほとんど自分の力だけで作ってみようというイギリスの大学院生が立ち上げたプロジェクト。 なかなか大胆というか、無計画で、プラスチックとか、ニッケル…

日本の血脈/石井妙子

以下の10人の家系をたどるノンフィクション。 小泉進次郎 香川照之 中島みゆき 堤康次郎 小沢一郎 谷垣禎一 オノ・ヨーコ 小澤征爾 秋篠宮紀子妃 美智子皇后 人の思いの集大成が人を作る。人は一代で作られるものではないとの思いを強くした。(あとがきより)…

歴史を変えた外交交渉/フレドリック・スタントン

取り上げられる外交交渉は、 アメリカ独立 ルイジアナ買収 ウィーン会議 ポーツマス条約 パリ講和会議 エジプト・イスラエル停戦協定(第一次中東戦争) キューバ危機 レイキャヴィク首脳会談 著者の主観を交えず、交渉のドラマをコンパクトに整理している。 …

ピダハン/ダニエル・L・エヴェレット

アマゾン奥地の少数民族ピダハンの人びとは、よく笑い、あまり働かず、性的に大らかで、将来のことを思い煩わず(「心配する」という語彙もない。)、精霊と一緒に暮らしていて、充足しているから他の世界に関心が薄い。また、(同時代に生きる誰かが)直接…

乃木希典/福田和也

戦後乃木希典については、司馬遼太郎の「坂の上の雲」の大きな影響力もあって、ストイシズムへの嫌悪、軍事的無能という評価が定着した。 一方、福田氏は、乃木将軍は、有徳な人間になり切ろうとした人物として、高く評価する。 誠実であること。清廉である…

アメリカ型ポピュリズムの恐怖/齋藤淳

副題は、「トヨタたたき」はなぜ起きたか。 2009年のレクサス急加速事故を端緒とする激しいバッシングの背景には、 扇動的な報道と苦情増加の負のスパイラル 魔女狩り的公聴会という政治ショー GMの破綻、トヨタの売れすぎでアメリカのプライドを傷つけた? …

完全なる証明/マーシャ・ガッセン

世紀の難問ポアンカレ予想を証明したペレルマンは、フィールズ賞の受賞を拒否、クレイ研究所の100万ドルの賞金も拒絶し、数学研究からも離れて隠遁してしまう。 証明に対する賞賛以外の、カネ、名声、取材騒ぎのような俗事に耐えられず、もともとあまりなか…

妻と飛んだ特攻兵/豊田正義

昭和20年8月「19日」に、「満州でソ連に対して」、「妻と一緒に」特攻したという信じられないような事実。 関係者が亡くなっていることや夫婦間の心情などはいずれにしても想像するしかないことなどもあって、肝心な部分の厚みに欠けるという印象をもつ。一…

パルモア病院日記/中平邦彦

なお新生児死亡率の高い時代に周産期医療の重要性を説き、これを実践するためパルモア病院を開設した院長三宅廉氏の奮闘記。そのバイタリティは、本書でも言及される日野原重明氏に勝るとも劣らない。 本書を手にしたのはHONZで言及があったからだが、たまた…

アマン伝説/山口由美

アマンリゾーツを紹介する旅行案内本ではなく、また、創業者エイドリアン•ゼッカの伝記を超えて、リゾート•ビジネスの動向を追う意図は分かるが、対象を広げたせいで、散漫になった印象。アマン伝説 創業者エイドリアン・ゼッカとリゾート革命作者: 山口由美…

トレイシー 日本兵捕虜秘密尋問所/中田整一

第二次大戦中米国カリフォルニア州に設けられた日本人捕虜尋問所とそれにかかわる日米の関係者を巡るノンフィクション。 日本人捕虜は、「生きて虜囚の辱めを受けず」との戦陣訓から捕虜となった場合の身の処し方についての指導は行われなかった。そのことも…

田中清玄自伝/田中清玄・大須賀瑞夫

戦前東京帝大を出て、武装共産党の指導的地位にあり*1、獄中転向後は、天皇主義者・右翼大物として、石油取引や鄧小平とのパイプなどを通じた日中関係などさまざまな政治的・経済的な場面で暗躍した人のようだ。 天皇中心主義のほか、米国依存からの脱却、ア…

ルワンダ中央銀行総裁日記/服部正也

1965年から71年にかけて、独立後間もないルワンダの中央銀行総裁を務めた日本人の記録。 著者は、中央銀行総裁の本来の責務たる平価切下げと二重為替制度の廃止のみならず、大統領からの信任を得て包括的な経済対策を立案し、現地の、特にルワンダ人の声をよ…

未解決事件/マイケル・カプーゾ

元連邦捜査官と犯罪心理学者、法医学アーティストの3人が中心となって設立した迷宮入りした犯罪の再捜査コンサルティングを行う組織「ヴィドック・ソサエティ」の活動。 アメリカのTVショー「アメリカズ・モスト・ウォンテッド」なんかをうまく使って(使わ…

ロジカルな田んぼ/松下明弘

著者は、様々工夫しながら、有機・無農薬で山田錦をはじめコメ9町歩を作ったり、新品種を登録したりする自称「稲オタク」。 なぜこのような農法がうまくいくのか、いろいろと説明はあるのだが、生命力なんていうことを持ち出されてなんだかよく分からなくな…

宿澤広朗 勝つことのみが善である/永田洋光

ラグビー日本代表監督などを歴任、トップリーグの設立に尽力する一方、三井住友銀行の執行取締役として頭取にとも目されていた宿澤広朗の伝記。急逝されたのが本当に惜しまれる。トップリーグの成功と、日本で開催されるワールドカップで、日本が氏の言う意…

ハチはなぜ大量死したのか/ローワン・ジェイコブセン

何年か前、日本でもハチがいなくなったと騒ぎになった。その少し前、アメリカ・欧州でも蜜蜂が姿を消していた。Colony Collapse Disorder(CCD)と呼ばれるその現象の原因を、農業の実情から詳細に解説するノンフィクション。 原因は今でも必ずしも科学的に明…

ウーマンアローン/廣川まさき

第2回開高健ノンフィクション賞受賞作。著者がアマゾンならぬユーコン川を一人で下り、新田次郎「アラスカ物語」のゆかりの地、人を訪ねる旅行記。 冒険物語でもあるのだが、比較的あっさりしていて、そこが良いところでもあるのかもしれない。 アラスカ物語…

中国「反日デモ」の深層/福島香織

尖閣問題を契機とする中国での反日デモは、中国指導部による「動員」と言ってもよい側面も持つが、第2代農民工の格差問題などからくる不満の爆発という形でコントロールが効かなくなるという危険性を持つ。 しかし、デモをする方にも、許す当局側にも「反日…

紅の党/朝日新聞中国総局

習近平体制誕生までの経緯を薄熙来の失脚の内幕などを含めて取材したもの。 薄熙来は、重慶市書記として辣腕をふるうが、そのキャンペーンの一つ打黒というマフィア撲滅運動は、政敵排除の手段としても用いられ、文革にもなぞらえられているが、マフィアから…

マテイーニを探偵する/朽木ゆり子

マティーニの歴史や様々なエピソードを紹介する本。カクテルいろいろあれど、このような本が書かれるのはマティーニしかあるまい。 学生の頃、いろいろとカクテルを作ってみたことがあるが、甘いものが多くて結局マティーニ以外を作ることはなくなった。 究…

モサド・ファイル/マイケル・バー=ゾウハー

イスラエルの諜報機関モサドの事件ファイル。著者は、イスラエルのジャーナリストで、国会議員も務め、ベングリオン首相らの公式伝記も執筆したということ。 アイヒマンの探索・拉致、黒い九月やヒズボラなどのテロリストの暗殺など、いわゆるインテリジェン…

世にも奇妙な人体実験の歴史/トレヴァー・ノートン

医学、薬学研究が中心だが、これにとどまらず、広く人体実験、自己実験の事例を取材したもの。 コレラ菌に汚染されている可能性の高い水や、黄熱病患者のゲロ、寄生虫、プルトニウムを飲むとか、時におぞましい内容を含むのだが、ユーモア、ウィットに富む筆…

たった独りの引き揚げ隊/石村博子

本書は、旧ソ連で盛んだったサンボという格闘技で41連勝という記録を作り、わが国柔道・レスリング界にも影響を与えたというビクトル古河の評伝だが、本人が「人生の中で一番輝いていた」という北部満州ハイラルから日本へたった独りで引き揚げた1年半が中心…

おそめ/石井妙子

伝説の銀座マダムの一代記。 関係人物:大仏次郎、白洲次郎、川口松太郎、川端康成、俊藤浩滋、藤純子・・・ 「おそめ」その人の波乱の生涯それ自体もそうだが、著者のやわらかな文体とあいまって、問答無用で楽しめるノンフィクション。著者石井妙子は、NHK囲…

理系の子/ジュディ・ダットン

インテル国際学生科学フェアに挑む10人ほどの高校生たちを取材したノンフィクション。 研究の内容はそれほど詳しく説明されるわけではないので、中に研究内容としてすごいものなのかよくわからないものもあるが、参加者たちそれぞれのドラマは、なかなかに感…

世界屠畜紀行/内澤旬子

本書では、日本はもとより芝浦の屠畜場で働く人々が具体的にどのような差別を受けてきたかの記述は最小限にとどめている。差別を受けた側の立場に成り代わって被差別の歴史をくわしく書くよりも、まず屠畜という仕事のおもしろさをイラスト入りで視覚に訴え…

ザ・コールデスト・ウィンター 朝鮮戦争/デイヴィッド・ハルバースタム

絶大な人気と共和党保守派中国ロビーを背景に、皇帝のように振る舞い、毛沢東の中国との戦争を望むマッカーサーと、共産主義との対決のありうべき主戦場は欧州と考え、戦争を限定的にしたい、人気のないトルーマン大統領の確執を軸に、ウィロビー、ネド・ア…

無限の網/草間彌生

草間彌生の自伝。 強迫神経症(というのか?)を芸術に転化するエネルギーの凄まじさ。 前衛としての矜持。フリーセックスと反戦平和のロジックはよくわからないけれど、ヒッピー文化にこれほどまで大きな影響をもっていたことは知らなかった。 10年ほど前に…

キャパになれなかったカメラマン/平敷安常

著者は、米国ABCのTVカメラマン(フォトグラファー/フォトジャーナリスト)。キャパになれなかったカメラマンとは、自身のことを言っているのだが、本書は、著者のベトナム戦争を中心とした戦争カメラマンとしての活動の記録というよりも、ベトナム戦争にお…

台湾海峡一九四九/龍應台

著者は、台湾の文学者、文化大臣。日本統治下での戦争、日本の敗戦から国共内戦、49年の蒋介石の台湾への敗走という大動乱の時代を、著者の両親、親族の世代の人々(外省人、内省人など)はどう生きたか。ノンフィクションではあるが、イデオロギー的な考察…

人を殺すとはどういうことか/美達大和

2人を殺し、無期懲役で服役中の著者が、贖罪とは何かを考え続けたその記録。10人を超える服役囚についても、それぞれがその犯した罪にどう向き合っているかを聞き出しているが、反省の念が窺がえる人がほとんどいないという実態は、そういうものかと思いつつ…

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか/羽根田治ほか

2009年夏、大雪山系トムラウシ山で、ツアー登山の18人が嵐の中遭難、8人が亡くなった事故(事件というべきか)の検証をしようという本。 遭難の経緯を追い、ツアー登山の問題点を指摘するほか、「気象遭難」「低体温症」「運動生理学」という章立てで専門家に…

幻の楽器 ヴィオラ・アルタ物語/平野真敏

HONZの激賞書評に乗せられて読んでみた。 楽しく読んだが、物足りない。まずはその音(演奏)を聞いてみたい。私にはビオラとバイオリンの音の区別もたぶんつかないだろうから、何をかいわんやではあるが。 幻の楽器 ヴィオラ・アルタ物語 (集英社新書)作者: …

あの戦争から遠く離れて/城戸久枝

中国残留孤児という言葉さえまだない頃に、苦労して帰国した父の苦難を中心に描く第1部、中国での父の(義理の)縁戚や友人たちとの暖かい交流、激しい反日感情に対するとまどい、残留孤児の国賠訴訟などを通して娘である私を中心に描く第2部。構成もすばらし…

地球最後の日のための種子/スーザン・ドウォーキン

ジーン・バンクの発展に貢献した植物学者ベント・スコウマンの伝記。伝記というより、遺伝資源をめぐる保護と利用の相克をめぐる世界的なダイナミックな動きを追ったノンフィクション。 スコウマンは、よく「種子が消えれば食べ物が消える。そして君も。」と…

スエズ運河を消せ/デヴィッド・フィッシャー

第二次大戦中、マジシャン、ジャスパー・マスケリンはイギリス軍に志願、カモフラージュ部隊を結成し、偽装作戦を企画して、北アフリカでロンメルに挑む。その作戦には、張り子の戦車なんかによる陽動作戦といったもののほかに、 アレクサンドリア港を移動さ…

空白の五マイル/角幡唯介

チベットの秘境ツァンポー峡谷、特にそのうち未踏査の五マイルの探検に魅せられた著者の冒険ノンフィクション。 特に2009年の3回目の冒険行は、08年のチベット暴動のあとの情勢変化もあって、アクシデントが多く、死の瀬戸際まで追い込まれる状況は、スリル…