HONMEMO

読書備忘録です。

フィクション

バスカヴィル家の犬/コナン・ドイル

謎解きものは性に合わないとわかっていて手を出して。やはりだめだわ。 バスカヴィル家の犬 (新潮文庫) 作者: コナン・ドイル,延原謙 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1954/05/12 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 12回 この商品を含むブログ (24件) を…

蝿の帝国/帚木蓬生

蠅の帝国: 軍医たちの黙示録 (新潮文庫)作者: 帚木蓬生出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2013/12/24メディア: 文庫この商品を含むブログ (7件) を見る

螢・納屋を焼く・その他の短編/村上春樹

螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1987/09/25メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 76回この商品を含むブログ (161件) を見る

柳橋物語・むかしも今も/山本周五郎

柳橋物語・むかしも今も (新潮文庫)作者: 山本周五郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1963/04/01メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 27回この商品を含むブログ (14件) を見る

回転木馬のデッドヒート/村上春樹

回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004/10/15メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 48回この商品を含むブログ (137件) を見る

空港にて/村上龍

空港にて (文春文庫)作者: 村上龍出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2005/05メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 36回この商品を含むブログ (169件) を見る

無私の日本人/磯田道史

小説仕立てとは知らず。司馬遼太郎くずれ。無私の日本人 (文春文庫)作者: 磯田道史出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2015/06/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (4件) を見る

金沢歴史の殺人/西村京太郎

金沢というだけで、古本屋で買ったもの。何ら期待していなかったが、それにしても。金沢歴史の殺人 (祥伝社文庫)作者: 西村京太郎出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2008/02/08メディア: 文庫この商品を含むブログを見る

東京プリズン/赤坂真理

東京プリズン (河出文庫)作者: 赤坂真理出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2014/07/08メディア: 文庫この商品を含むブログ (4件) を見る

金沢 酒宴/吉田健一

金沢・酒宴 (講談社文芸文庫)作者: 吉田健一,四方田犬彦出版社/メーカー: 講談社発売日: 1990/11/05メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 193回この商品を含むブログ (34件) を見る

猫を抱いて象と泳ぐ/小川洋子

猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)作者: 小川洋子出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2011/07/08メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 27回この商品を含むブログ (35件) を見る

火天の城/山本兼一

訃報を聞いて積読山から引き出した。 安土城築城に取り組む棟梁父子を中心としたプロジェクトX。木曽檜の巨木の木曽川流し、石垣用の巨石の運び上げなどの手に汗握るアクション、ハニー・トラップなども含めたサスペンス、棟梁の子のビルドゥングス・ロマン…

闇の奥/辻原登

戦時中、首狩り矮人族を追ってボルネオで行方不明となった民族学者を探す物語は、ボルネオのジャングルはもとより、熊野の山奥、チベット最深部あの空白の5マイルのツァンポー峡谷を舞台に、現実とフィクションのあわいを企み深く紡がれる。闇の奥 (文春文庫…

さよなら渓谷/吉田修一

これはある意味「悪人」をより複雑にした変奏曲だな。 「悪人」が犯罪者と逃亡幇助者の美しい関係であるのに対し、本作は、「レイプでは加害者は許されるが、被害者は許されない」というやりきれない状況の中での加害者と被害者の間の愛憎という難しい設定に…

永遠の0/百田尚樹

300万部を超えるベストセラーだそうだ。泣かせるラストはTV放送作家ならではのザッツエンターテインメント。ストーリーにもっとひねりがあるのかと思ったが、比較的ストレート。絶対に生きて帰ると言っていた宮部がなぜ特攻で死ぬに至ったのか、その葛藤を詳…

アラスカ物語/新田次郎

アラスカに身を埋めた明治の日本人フランク安田の物語。 北極海沿岸のエスキモーは、乱獲による鯨資源の減少、麻疹の流行で滅亡の危機に晒される。フランク安田は、ゴールドラッシュに沸くアラスカ中部ユーコン川沿岸へと彼らを導き、アラスカのモーゼと呼ば…

マザコン/角田光代

表題作のほか7編の母と子の関係にまつわる短編集。 斎藤環の解説から↓ 母の謎に触れることは、まるで冷水を浴びせかけられるような体験です。しかし、そのような体験を通じて母に「一人の不完全な女」を見るとき、私たちは支配からの解放と一抹の寂しさを知…

俺俺/星野智幸

ネタバレ。 俺は、オレオレ詐欺を働いたことをきっかけに他人の息子と間違われ、一方、自分の実家には、俺がいた・・・。俺は、次第に増殖し、なんでも分かり合える感覚を共有するコミュニティを形成するが、周り中が俺となるに及んで、相互に「削除」を始め…

残響/保坂和志

表題作のほかに「コーリング」を併録。どちらも、何人かの主体の物語のコラージュのような感じ。本作の創作ノートによれば、シークエンスの連鎖(コーリング)あるいはゆるやかなイメージの横滑り(残響) 。著者にとって愛着のある作品のようだ。残響 (中公文庫…

日輪の賦/澤田瞳子

既得権益を守ろうとする豪族たちに抗して、律令制による中央集権を進めようとする讃良大王(持統天皇)の朝廷の動きをダイナミックに描く。 狂言回しの大舎人廣手、讃良の懐刀で少年のような美少女忍裳という架空の人物が大活躍する活劇でもあるのだが、これが…

掏摸/中村文則

著者の親切な解説によれば、残酷な運命の中で生きる個人の抵抗を描いた物語。 掏摸のディテールがリアル。縫い付けられたポケットの中から封筒を(2日以上気どられないように)スリ取るシーンなど、すごくスリリング。 大江健三郎賞。掏摸(スリ) (河出文庫)作…

見上げれば星は天に満ちて/浅田次郎編

浅田次郎編集の短編アンソロジー。不穏なタイトルのものが並んでいる。 百物語/森鴎外 秘密/谷崎潤一郎 疑惑/芥川龍之介 死体紹介人/川端康成 山月記、狐憑/中島敦 ひとごろし/山本周五郎 青梅雨/永井龍男 補陀落渡海記/井上靖 西郷札/松本清張 赤い駱駝/梅…

存在の耐えられない軽さ/ミラン・クンデラ

もし永劫回帰が最大の重荷であるとすれば、われわれの人生というものはその状況の下では素晴らしい軽さとして現われうるのである。 だが重さは本当に恐ろしいことで、軽さは素晴らしいことであろうか? 名作として知られているが、はっきりいってもう一つよ…

茜色の空/辻井喬

大平正芳元首相の生涯についてのノンフィクション・ノベル。 アー・ウー宰相などと言われ、大して能力もないのに派閥順送りで総理にまでなったというイメージがあり、40日間抗争なんてのもあって、自民党派閥政治のなれの果てにこんな人か、菅直人がんばれと…

ロング・グッドバイ/矢作俊彦

ロング・グッドバイのあとにロング・グッドバイ。LでなくてRだけれど。 物語として(ハードボイルド作品として)独特の雰囲気がある。横浜、横須賀という地域を背景に米軍や中国系の存在感が、戦後日本、ベトナム戦争をひきずってリアル。 THE WRONG GOODBYE…

ロング・グッドバイ/レイモンド・チャンドラー

20年以上前に読んで以来の再読。村上春樹訳で。 訳者あとがきの文学論はなかなかに難しくて十分には理解できないのだけれど、(ハードボイルドの古典ということを越えて)村上春樹が(純)文学の準古典として評価するところが、本書のぞくぞくするような面白…

つぶやき岩の秘密/新田次郎

なつかしいNHKの同名ドラマの原作者は、なんと新田次郎だったんだ。もうドラマの内容はすっかり忘れていたけれど、中島京子の解説によれば、NHK少年ドラマシリーズ屈指の名作と言われているらしい。「新潮少年文庫」の一冊として書き下ろされたものというこ…

グレート・ギャツビー/スコット・フィッツジェラルド

何十年か振りの再読。かつて、近代米国の小説ということで、お気楽な娯楽本という先入観の下で読んで、退屈な本という印象だった。今回村上春樹絶賛本ということで読むと印象がずいぶん違うというのも情けないといえば情けないが、私自身の読書の嗜好が相当…

解錠師/スティーヴ・ハミルトン

MWA,CWA賞、このミスなどで最高の評価を受けているということで読んでみた。解錠師というタイトルから、ひょっとして私の苦手ないわゆる本格ミステリー(密室もの)かと思ったが、全くそんなことはなくて、さわやかな青春小説として楽しめた。 解錠師 (ハヤ…

冬の蜃気楼/山田太一

角田光代の解説を読んだ後で何をメモしておけばいいのか。大学を出て撮影所に入り、助監督になったばかりの主人公、美登利役の「凄い」美人の15歳の少女、下手な中年役者の3人が33年後に交わるかと思われた時、すべては冬の蜃気楼であったのかと…。 冬の蜃気…