読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HONMEMO

読書備忘録です。

三島由紀夫賞選評

「新潮」の三島賞の選評を立ち読み。想像どおりテルちゃんはブーたれていた。パラパラ読んだ感じでは、もう選考委員を辞めるって感じだったな。実際やめた方がいいのかも。たぶん、宮本輝は、筒井康隆の対極にあって、前衛を理解して評価しようという姿勢がないのではないかな。そういう意味で、直木賞とか山本周五郎賞とかの選考委員をやった方がご本人の精神衛生上もいいのではないかと素人ながら思うけれど。
佐藤友哉の受賞小説がどのようなものか知らないけれど、たぶんこれを担げる人間と担げない人間の隔たりって結構大きいだろう。氏が前衛なのか、それとも、ただのクズあるいはアホなのか(すごい失礼)、前衛の評価って難しいと思う。宮本輝はマンガじゃないかみたいなことを書いていたと思うが、前衛の方向が、普通の人間から見て幼児的と見られるような方向のものだとすれば、なんだかなあと思ってしまうけど。