読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HONMEMO

読書備忘録です。

鳥類学者無謀にも恐竜を語る/川上和人

 恐竜は絶滅しているだけに、その色は?声は?歩き方は?など基本的なことも最終的には想像するしかないようなところがあるが、そのようなことを鳥類との緊密な類縁関係をもとにして考察する。
 内容も興味深いが、ぶっ飛んだユーモアあふれる筆致が最高。図書館で借りたが、買ってしまうかも。
 冒頭「はじめに」のタイトルは、「鳥類学者は羽毛恐竜の夢を見るか」であり、書き出しはこうだ。「世のなかには2種類の人間がいる。恐竜学者と鳥類学者だ。そして、私は鳥類学者だ。それ以外の人?・・・些細なことは気にしないでいただこう。」

鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー)

鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー)