読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HONMEMO

読書備忘録です。

古池に蛙は飛び込んだか/長谷川櫂

古池の句は、「古池に蛙が飛び込んで水の音がした」という写生の句ではなく、芭蕉は、蛙が水に飛び込む音を聞いて、心の空間に浮かぶ古池を目の当たりにした。この心の世界が開けたことが、蕉風開眼の句と言われるゆえんだと。俳句はやはりなかなか深い。

古池に蛙は飛びこんだか (中公文庫)

古池に蛙は飛びこんだか (中公文庫)