読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HONMEMO

読書備忘録です。

私たちが子供だったころ、世界は戦争だった/サラ・ウォリス、スヴェトラーナ・パーマー

 第二次世界大戦中に書かれた各国(ポーランド、ドイツ、ロシア(ソ連)、フランス、イギリス、アメリカ、日本)のティーン・エイジャーの日記を時系列に、また、一定のテーマに沿って編集したもの。
 日記の内容は、それだけでそれぞれに胸を打つものだが、本書の優れているところは、さまざまな国・民族の青少年が、それぞれの置かれた様々な状況の中で、どんなことを考えていたかということを対比的に読むことを可能にした優れた編集にある。
 そもそもアンネの日記もきけわだつみの声も、読んでいないのだったな。
極東ブログの書評
成毛真の書評

私たちが子どもだったころ、世界は戦争だった

私たちが子どもだったころ、世界は戦争だった