読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HONMEMO

読書備忘録です。

天切り松闇がたり 1〜4巻/浅田次郎

フィクション

 浅田次郎ピカレスク・ロマン。「闇の花道」「残侠」「初湯千両」「昭和侠盗伝」
 浅田次郎の作品の中で一番好きな「プリズン・ホテル」、「きんぴか」の系譜だが、ユーモラスなところはあるとしても、スラップスティックとはいえないところが違うかな。
 第3巻初湯千両の解説で、亡くなった勘三郎は、「この本が私を引きつけて離さないのは、いまの世の中にすたれた「男気」にあふれるストーリー展開もさることながら、黙阿弥を彷彿させる江戸弁がぎっしりと詰まっているからだ。」と書いている。そのとおり。

天切り松 闇がたり 1 闇の花道 (集英社文庫)

天切り松 闇がたり 1 闇の花道 (集英社文庫)