読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HONMEMO

読書備忘録です。

旅の途中/筑紫哲也

エッセイ

 自らの回想録の代わりに、自分がこれまで出会ってきた人たちについて、自分の心象風景を含めて何かを書くことはできるかもしれない、ということで書かれたものであると。
 安東仁兵衛にはじまり丸山眞男に終わるというのがなるほどの基軸になっているが、一方、野村秋介笹川良一あり、また政治はもとより、音楽、文学、陶芸などの文化方面も幅広く、これ一冊では著者自身「落丁」がたくさんあるというように、不完全燃焼であったかもしれない。
 2005年に上梓されたものが昨年やっと文庫化されたものらしい。