読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HONMEMO

読書備忘録です。

官邸から見た原発事故の真実/田坂広志

 2011年末に書かれたもの。著者は、高レベル放射性廃棄物の研究をしていたことがあり、内閣府参与として原発事故対応に当たった。
 計画的、段階的に脱原発依存を進めていくという至極真っ当な原発論、エネルギー論だ。「空振りコストは覚悟する」とか、リスク・マネジメントの観点からの論点も示唆に富む。
 NIMBY(更にはNOPEというのもあるらしい。)心理が悪化する中で、中間処分場の立地すらままならないが、いったい高レベル放射性廃棄物はどうなるのか。昨日発表されたエネルギー基本計画案では、最終処分場は国が適地を選定する方針だというが・・・。

官邸から見た原発事故の真実 これから始まる真の危機 (光文社新書)

官邸から見た原発事故の真実 これから始まる真の危機 (光文社新書)