読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HONMEMO

読書備忘録です。

どくろ杯/金子光晴

 放浪記3部作の第1作。次のねむれ巴里は、昔読んで、中身はすっかり忘れているけれど、独特の雰囲気を思い出した。なんという赤裸々な、露悪的というのとは違うのだが、こういうさらけ出し方が詩人なのか、とも思う。
 中野孝次による解説から引用

 「どくろ杯」に始まる地獄行の回想の特徴は、自己をふくめて人間の生の実体が、このように触覚や嗅覚や接触感や体温を通じて、いわば裸の存在感そのものとしてとらえられているところにある。人間の生がつねに一番どん底の、それ以上おちようがない地点から体験されているのである。

どくろ杯 (中公文庫)

どくろ杯 (中公文庫)