HONMEMO

読書備忘録です。

分水嶺/河合香織

SARS新型インフルエンザなどの経験がありながら、危機管理体制が不十分だった(政府側の言い方では危機管理を重要視する文化が醸成されてこなかった)ために、新型コロナの初期対応において、専門家たちはリスク分析・評価の役割を超えて「前のめりに」行政が担うリスク管理の分野まで対応することになった。そのことによって本来受けるべきもない批判にも晒される。

専門家にも個性もあり、考え方の違いもありで、エビデンスが不十分な場合の取り扱いなど様々な軋轢が見られたが、専門家と行政との間では、ただでさえコミュニケーションが難しいところがあるのに、専門家がリスク管理の分野にまで対応しているがゆえに、無謬性の立場と失敗を認める科学とのスタンスの違いやパターナリズムとインフォームド・ディシジョンの考え方の違いなどによって、あらゆる場面で大きな軋轢が生じた。

そんな中で、尾身氏の、芯は強く、粘り強く説得するが、何が一番重要なのかを考えて、妥協するところは妥協するパーソナリティが、何とかかんとか日本のコロナ対策をここまで支えてきたと言えるのではないかと思わせる(本書には登場しないが、ダイヤモンドプリンセスに乗り込んで騒いだ学者が何と小さく見えることか)。一方で御用学者といわれ、他方で経済実態をわからない専門バカのように批判され、実際、後々結果的に失敗であったと評価される判断があったにしても。

専門家の与り知らないところで出された学校一斉休校やマスク配布などは論外だが、対策の多くは、これら様々な立場の専門家や行政に携わる人々の真摯な議論、調整の結果なのだが、批判も大きいのは、リスクコミュニケーションの難しさというところもあるのだろう。

本書、著者は、できる限り自分の存在や考えを文中に出すことなく、それぞれの取材相手の葛藤や思考を記録するように努めたという。安直な批判ばかり耳にすることが多いだけに、そのスタンスが好ましい。

 

 

 

記憶する体/伊藤亜紗

健常者としての記憶が刻まれた体で障害のある体を生きる人は、一つの物理的な体の上で、健常者と障害者の体が重なり、固有のパターンを生み出す。多重人格ならぬ多重身体。そのありようは様々。幻肢、幻肢痛は、脳が記憶している手や足の動きと現実の手や足の動きのズレが生むもの。

なんらかの障害を持った体とともに生き、無数の工夫を積み重ね、その体を少しでも自分にとって居心地のいいものにしようとし格闘してきた、その長い時間こそ、その人の体を、唯一無二の代えのきかない体にしている。そういう時間こそが身体的アイデンティティを作る。だから、吃音の人は吃音がなくなる薬があったとしても、それは飲まないのだと。

 

 

 

警視庁科学捜査官/服藤恵三

科学捜査、捜査支援の普及に努めた著者の自伝。おそらく優秀な人で、それゆえに毀誉褒貶ある人なのであろうが、自伝とはいえ自意識過剰というか、ここまであからさまに自らの出世欲を書けるのは見事。

 

 

 

政治改革再考/待鳥聡史

平成を通じて行われた選挙制度、行政、日銀・大蔵省、司法制度、地方分権に及ぶ広範かつ大規模な政治改革は、憲法に規定される公共部門のあり方を転換する明治、戦後に次ぐ第三の憲法体制を作り出したと評価しうるもの。

このような改革の背景には、80年代に頂点を迎えた戦後日本の経済的繁栄や社会的安定が行き詰まりを見せていたことがある(平成デモクラシー論)。さらに根本的には、個人が自律的に合理的に責任を持って判断し行動すること、それによって社会の合意形成や進め方が合理化することが望ましいとする近代主義(近代主義右派※)の理念があった。

このような共通理念はあったが、改革の各領域において具体的な制度改革が進められる過程では、近代化理念をその領域固有の課題認識との整合化が図られる必要(土着化)があり、領域ごとに異なった志向性を帯びることとなった。(選挙制度行政改革=集権的意思決定メカニズムを目指す。一方、日銀、地方分権改革=領域の自立性の強化)

異なった志向性は、改革が着手されなかった領域(参議院など)の問題とも相まって、マルチレベルでの不整合を生み、予期し得ない結果を生み、あるいは期待した成果を生まなかったという面がある。

※戦前の親英米派、オールドリベラリスト 吉田茂の系譜

 



 

病魔という悪の物語/金森修

副題はチフスのメアリー。20世紀初頭のニューヨーク、腸チフスが蔓延、貧しいアイルランド移民の賄い婦メアリーは、本人に自覚の全くない中、健康保菌者として3年にわたり離島の小屋に隔離される。その後一旦は制限付きで釈放されるものの、今度は死ぬまで23年間同じ島に隔離されることとなった。

他の同様の健康保菌者の取扱いと比べてもバランスを欠き、世間のメアリーを見る目も極めて差別的だった。

筑摩プリマーは、若年者向けとはいえ、結構しっかりとした内容のものも多いが、これは若干物足りない。コロナ禍において示唆するところ大きいのはもちろんだが。

 

 

 

「三代目」スタディーズ/鈴木洋仁

「三代目」は、ウジ社会(血縁のみでつながる)とイエ社会(頻繁な養子縁組によって続く)、さらにはムラ(無原則かつ繋がりがない)の交わるところに位置するがゆえに、旧弊にだけ囚われるのではないが、新しいルールにのみ従うのでもない「あてどなさ」を特徴とし、無邪気な個人主義を発揮する。

近代日本は、自らを「三代目」と位置付けられる自由を持った融通無碍な、あてどなさを特徴とする社会(自立した自由な個人の意思に基づく社会でもなければ、ならわしに囚われた共同体でもない、宙ぶらりんな社会)なのではないか。