HONMEMO

読書備忘録です。

2024-05-01から1ヶ月間の記事一覧

聞き書緒方貞子回顧録/緒方貞子 野林健・納家正嗣編

緒方貞子のオーラルヒストリー。初出は2015年。 国連難民高等弁務官、JICA理事長として活躍されたことは無論知っていたが、その具体的な人となりや事績を知ると、そのあまりの大きさに圧倒される思いがする。 本書と並行して読んだ「悩んでも迷っても道はひ…

悩んでも迷っても道はひとつ/村上一枝

マリ共和国で30年にわたり支援活動に従事した著者の活動の記録。 支援内容は、識字指導、裁縫や菜園作り、産院の設置、井戸設置、衛生指導、マラリア・寄生虫対策など広範にわたる。その支援活動の基本姿勢は「自立」。物を与え、お金を与えるのではなく、住…

中国農村の現在/田原史起

農村社会学研究者によるフィールドワークによる現代中国農村についての考察。 中国は非常に古くから封建制、身分制を脱し、中央集権制の下にあったことに一つの特徴があり、自己責任意識と社会的上昇意欲が顕著。血の流れを継ぐとともに栄達を希求する「家族…

資本主義の次に来る世界/ジェイソン・ヒッケル

資本主義は、自然を、外部(グローバルサウス)を収奪し、成長を続けることを本質とする。そのため、必然的に生態系・地球環境を破壊し、既に危機的状況。解決には、成長を止めるしかないが(グリーン成長は根本解決にならない)、北の高所得国は人々の生活を向…

劇的再建/山野千枝

家族経営の中小企業の後継者難が課題となる中で、いわばベンチャー型事業承継という形で会社を発展させていく経営者(アトツギ)がいる。このような事業承継においては、親などの旧経営陣との確執や資産というより負債を継承して出発しなければならない場合、…

商店街の復権/広井良典

レーガン政権登場後、新自由主義的経済政策がグローバリズムとして世界を席巻する中で、日米構造協議などにより日本は大店法改正や農業の自由化などを推し進め、結果として、シャッター商店街や耕作放棄地を生むことになった。 日本の地方都市の現状は政策の…