読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HONMEMO

読書備忘録です。

新「敗戦後論」‐論座6月号/加藤典洋

加藤典洋の論文の紹介が朝日の書評サイトに(記事)。
敗戦後論」における憲法「選び直し」の論をさらに深めたものということで興味をそそられる。「内田樹神戸女学院大教授の主張を踏襲する論」とあるけれど、内田樹の「9条どうでしょう」は加藤典洋の「敗戦後論」の影響の下にある立論だと思うので、単に「踏襲する」というのにはやや違和感がある(*)。両者が影響を与えあって議論が深まっていっているということか。
*ということでもないのかな。論文を読んでみたい。cf.憲法の話 (内田樹の研究室)(5/3追加)